MENU

行動パターンが分かったら

浮気調査をする場合、個人が動くにはハードルが高いです。
個人で尾行したり、撮影したとしても満足できる結果は得られません。

 

実際の浮気調査は、尾行してターゲットの行動パターンを把握し、
浮気現場を特定して、証拠になる写真を撮影しなければなりません。

 

これらの一連の流れを、経験のない素人が行うのには無理があります。

 

そのためある程度行動パターンが分かったら、
あとは探偵に任せるのが賢明です。

 

パートナーに浮気の兆候があったら、気になるのは当然です。
本当に浮気をしているのかどうか心配になります。

 

しかし、浮気調査はプロに任せた方が安心できます。

 

ただ、いきなり探偵に任せてもお金がかかるので、
ある程度は自分で行動パターンの調査をする必要があります。

 

一番良い方法は、
パートナーの行動パターンを把握するところまでは自分でやって、
あとはプロの探偵に任せるという方法です。

 

この方法なら合理的で、調査がスムーズに進行します。

 

パートナーの行動パターンを把握するくらいなら、
個人的にそれほど難しくありません。

 

ただしそれ以降の調査は、専門のプロに任せる必要があります。
個人で動いても成功率は低いからです。

 

行動パターンが分かったら、あとは探偵に任せましょう。

 

探偵の浮気調査期間中に、絶対にしてはいけないこと

 

探偵の浮気調査期間中に、絶対にしてはいけないことは、
下手に自分で情報を集めてしまうことです。

 

浮気調査は情報が多いほど費用も安く済むので、
探偵の役に立つ情報を依頼者自らが集めようと奔走します。

 

しかし、これをやっていいのは、
あくまで浮気調査の依頼前です。

 

浮気調査の期間中にこうした行為をしてしまうと、
相手に変に思われてしまったり、バレてしまう可能性があります。

 

プロに浮気調査を依頼した以上は、探偵に全て任せることです。
素人が情報を集めようとすると、むしろ邪魔をすることになってしまいます。

 

また、探偵に浮気調査を依頼した後は、
ターゲットと無理に仲良く振る舞わないことです。

 

絶対にケンカをしないことも大事で、とにかく浮気調査期間中は、
いつもと同じような態度で振る舞うことです。

 

要するに、探偵に浮気調査を依頼していることが、
ターゲットに絶対にバレないようにしないといけません。

 

必要以上に顔や言葉を取り繕うようにしてしまうと、
相手にバレてしまう可能性があります。

 

いつもと違う態度を取ると、警戒されてしまうので、
無理に優しくしたり、無理に笑ったりするなどの行為は、絶対にしてはいけません。